川崎工場夜景ツアー

折角のお盆休みでしたが・・・・・。
両日とも配達、納品準備作業があった為 半日は潰れてしまいました。
でも 後の半分は自由時間~♪ てことで、15日は夕方から出発する はとバスツアーへと出発。
ホテルでの夕食を楽しんだ後、川崎工場の夜景を船で楽しむプランです。

当日は80名近くの参加があり 若い女性のお一人参加も見受けられました。
一時間半ほど、ブュッフェを楽しみ(お酒をいただかないと 時間って余っちゃうもんですねぇ 苦笑)
お盆休みで工場は動いていないんじゃ? 
しかも雨が降ってきそうだしなぁ・・・と 若干不安を抱えながら乗船場に移動。

船は 屋根の無い「運河船」で 暗い多摩川を滑るように進みます。
水しぶきが掛かりそうなくらいの平たい船を ベテランドライバーさんが巧に操り
男性のガイドさんがマイクを使って約1時間半、話をして下さいました。

普段なら立ち入り禁止の場所を 船はどんどん進みます。
世界屈指の技術を誇る、工場が建ち並んだ風景は圧巻そのもので
正直申して それほど工場夜景に興味が無かった私は
思いっきり引き込まれてしまいました。
四六時中高い煙突から立ち上る火は、ガスをそのまま放出させるのではなく
少しでも環境に優しいよう配慮している為。
燃やすガスにより色が違い、幻想的で、力強く、圧倒的な存在感でした。

石油関連の工場が多いこの場所では 火災に備えて独自の消防システムが完備されているそうです。
つぃ昨日、実際に火災が発生。工場が一つ消滅しましたが延焼は免れました。
それと、大震災の時、それほど被害が出なかったのは
土台をつくる際に使った質の悪い(言葉が悪くて済みません)砂のおかげだったとか。
予算が抑えられたせいで使わざる負えなかった結果、ソレが功を奏したって話も
興味深かったです。



物作り日本の底力、ちょっぴり垣間見た気分。
楽しかったなぁ~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mugi129

Author:mugi129
仕事に、趣味のガーデニングに
そしていまだ終わらぬ子育てに
日々奮闘する肉屋おかみです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR