カラスの巣

ご近所には、毎年ツバメがやって来て、
7月頃まで何度も卵を産み、育て 何羽も巣立って行くお店があります。
お店の方々は、ツバメが無事に育ってくれるまで 何か月もの間 気苦労が絶えないそうですが
彼らのさえずりを耳にすると、 (あぁ春が来たんだなぁ)と感じますし、
電線に、子ツバメがよろよろしながらもとまって 一斉にさえずる様子はとても微笑ましくて
(また来年も戻っておいでね)って願わずには居られません。

ところが今年、彼らの巣のすぐ近くにある電線に、カラスが巣を作ってしまいました。
巣の下は小学校の通学路になっており、子どもたちにとっても危険なので
電力会社に依頼し、撤去して貰ったそうですが、
3日足らずで元通りです。 まぁ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。

そして又 撤去作業を依頼して 「もぅ巣が作れないように出来ないんですか?」と作業員に聞けば

カラスは卵を産むまで同じところに何度も巣を作る。
巣を作らせない方法はあるが、撤去が困難な場所に巣を掛けられる方が厄介。

最後に

「又 (撤去作業に)来ますので連絡して下さい」 

そう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 本当にお疲れ様です。



ちなみに「市役所」に連絡しても ぜーんぜん作業してくれないとかで。  ふぅ~ん。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カラスは本当に厄介です
仕返しすると今度は攻撃してきますからね

そうなんですよねぇ、、、、。

ふゅりるさんの仰る通り、私も被害に遭いましたよ。
我が家のお隣にあった立派な大木に、カラスが居ついてしまいましてねぇ。
屋上へ上がる私を敵だと認識したのか、散々追いかけられました。
後ろから音も無く飛びかかって来るので、傘を指して防御。
子どもを守る為に彼らは必死でしょうけれど、本当に困りました。
その後その大木は切り倒されて今は無く、やれやれだったんですが。
プロフィール

mugi129

Author:mugi129
仕事に、趣味のガーデニングに
そしていまだ終わらぬ子育てに
日々奮闘する肉屋おかみです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR