スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来ました~♪

この時期にだけ、店頭に並ぶ「みずなの昆布和え」と「きゃらぶき」が出来ました。
量に限りがありますので、お早めにどうぞ~。

みずなと聞くと サラダの材料やお鍋の具材ナドに使われる
あのシャキシャキな野菜を思い浮かべる方が多いかと思いますが、ぜーんぜん違うんですよ~。
当店ではこの青みずを使った昆布和えを販売しています。

みずの標準和名ウワバミソウは、ウワバミが出そうな幽谷に生えることから名づけられたようです。
みずは、何ともおどろおどろした名前の山菜だが、水が湧き滴り落ちるような岩壁などに群生します。
みずの茎が赤みを帯びたものを「赤みず」といい、そうでないものを「青みず」と呼んでいます。
青みずは、湿ったところで直射日光の当たりにくいところを好んで群生する山菜で、
葉も茎も全体的に鮮やかな、瑞々しい緑色をしています。
青みずは、アクもくせも少なく、さくさくとした食感が楽しめ、
赤みずと異なり葉も食べることができる山菜です。

青みず

そしてきゃらぶきは 一本一本皮を剝いて丁寧に仕上げました。
恩歳80(うん)歳 熟練した腕を持つ、「お婆」手作りで~す。




スポンサーサイト

ご訪問者の多い一日でした。

昨日は ご訪問者の多い一日でした。

一番乗りは 冷蔵庫関係の業者さん。
我が家の命綱(冷蔵庫)を握ってて(笑)、古くからお付き合いさせていただいてます。
GWやお盆休みナド長期休みの時に限って、へそを曲げる我が家のコンプレッサー・・・・・・。
本当に申し訳ないなぁ・・・と恐縮しつつも連絡すると すっ飛んで来て下さるんですよねぇ。
そしてこっそり 「よく働くねぇ」 とお褒めの言葉をプレゼントしてくれます。

もっと大声でガンガン言ってねーーーーーーーー アハハハハッ

2番目は ご近所の小学生軍団。
数日前に彼らの担任の先生から 「子ども達が買い物に行きますので」 と伺っていたので
楽しみに待っていました。
しかし、注文の仕方が 「お肉6人分下さい」 ってはぁ?
「何に使うの?」 と聞けば、「トン汁」。だったら 「200グラム位で良いんじゃないの?」と言えば
「えーっ それじゃー少ないよ」
「先生は何て?」 とこちらが聞いても返事が無かったので、
量って見せて、納得して貰いました。

現代っ子はスーパーに並べられたパック入りの品物しか目にしないから、
分量を聞かれても分からないんだろうなぁ。
自分達だけで買い物に来ても どう声を掛けていいのか分からなくて もじもじしてるお子さんも大勢。
私たちに「おーい」 と声を掛けるお子さんが居たので
お店に行ったら 「下さいな~」 って言うんだよ って言った事もありましたっけ。


お疲れ様でーす♪

「サッカー」 惜しくも敗れてしまったのに 号外が配られたニュースを見て、ちょっと唖然。
準備するのは大変でしょうし、もちろんお金も掛かっているのでしょうが
正直欲しくない・・・・のが本音かと。
ただ、選手の皆さんには心からの拍手とその労をねぎらいたいと思います。
あのワールドカップに出場できるだけでも大変な事だとか。
サッカーの事、ちっとも分からない私でさえ、つぃテレビに張り付いちゃいましたもん。

話は変わりますが

今朝早く 毎年恒例 山菜取りに 爺婆さまと旦那の3人で出かけた様です。
(私が起きた時には 布団はもぬけの殻になってました 早ッ)
山に行く!となると、俄然張り切る婆さまは、チャッチャと鎌をとぎ、ぱっぱと支度をし
(疲れるから行きたくない)と、しぶる爺さまの尻を叩きつつ
運転手(旦那)を従え レッツゴーッ

今年も山の様に採ってくる事でしょうねぇ~  お疲れ様でーす♪




そして 私はこれから「バルサン炊き」だわ・・・・・・・・・・・・・・・。

エプロン

今って、エプロンを使わない、それどころか一枚もお持ちじゃないって方が多いんですってねぇ。
仕事柄、ソレを着けない日が無いくらいの私にとっては びーっくりな話で、
どうりで、買い物先でエプロン姿の女性を見かけないわけです。

(ご近所なら良いや~)と、つぃ面倒になりそのままの姿で出かけてしまう私ですが
その記事に対してのコメントが 

エプロンを付けたままで出られるのは玄関先か、近くのゴミ捨て場位 それと
せぃぜい自分の庭までで、買い物に付けたままなんてもっての外。

が、大多数だったのには・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


エプロンじゃなくて 「気を」 着けなくっちゃ



慣れてないーッ

先日、小学校の一室をお借りして開かれた 「フラワーアレンジメント教室」 に参加しました。

メンバーは私以外、お子さんが幼稚園や小学生といったお若い方ばかり。
「今年の運動会では、父兄の数が物凄くて場所取りが大変だった」 という話に
「我が子がこちらを卒業した頃は、全学年一クラスで廃校するかもって、噂されていたんですよ」
と、昔話に花が咲きます。

「ところで、Sさんの(私)お子さんはおいくつですか?」 と聞かれたので
「もぅ25と21になります」 と答えたところ
「えぇーーーーーーーーッ お若い頃のお子さんだったんですか?」 と余りに聞きなれない言葉に絶句ッ
とにかく 「若いーーーーーッ」 と、驚かれたのには 私もびっくりでしたねぇ アハハハハッ

何しろ、正真正銘「若い」頃から 年相応に見られた事が無く (悲ッ)
「その年代になったら(ってオィオィ) 落ち着くよ」 と慰められてるのか、
まーそういう顔なんだから仕方が無いじゃん~ そんな感じでしたから。


ま、今の平均初婚年齢って 男性が30歳・女性が29歳なんですってね。
それを思えば 確かに「若い頃のお子さん」 ですが。  爆笑





暇だ暇だというならば。

4月からの税率アップと共に、燃料費・材料費も当然上がり、
仕入れ値が猛烈に跳ね上がっています。
しかし、その分をお値段に上乗せできないのが現状・・・・でして、、、うぅ~ん辛ッ
私自身、お惣菜なら少しだけ量を減らしたり、材料の仕入先を工夫したりして
出来るだけ値段を上げない努力をしてはいるんですがねぇ。
ココだけの話、(何で値段を上げない?)的な家族間での話を耳にするたび
身のすくむ思いがします。フーッ

しかし 売れない、暇だとつぶやいてたって 何にもならない。

お客様がナニを求めているのか。ご近所にスーパーが沢山ある中で
個人営業の店がどう生き残っていけるのかを、自分で考え自分で実行しなくちゃッ

肉屋おかみは頑張りますッ


キャンドゥで見つけたすぐれもの。卵と一緒にお鍋にポンッ

エッグタイマー





トマト

トマトを育てて3年目ですが、毎回失敗ばかりです。
もぅやめよう・・・とその度思うのですが、つぃ手を出しちゃうんですよねぇ。

1年目は育て方を知らずに始めた為、脇芽を一切かかず 
結果、物凄い大きさになってしまいました。
プランターでの栽培だったので、今思えば養分が足りなかったのでしょう。
トマトの茎からは白い根が出まくり、育ったわりには実が全然付かなかったのを覚えています。

2年目は、テレビで紹介されていた「コンパニオンプランツ」の存在を知り実践。
そこそこに育ちましたがねぇ。同じプランターにチャイブとローズマリーを入れてしまったので
微妙な収穫量に・・・・・。

3年目の今年は、GW明けに苗を2株植えました。

しかーし 「花が付いた苗を買う事」 「接木苗が病気に強い」と知ったのは 買った後。
葉がねじ回っているのを見ても、肥料が多いのか少ないのかさえちっとも分かりません。
それに、異常なほどの降水量を心配して、表面にホイルを敷き詰めたのが大失敗。
ホイルをめくると、根が酸素を求めて地表にびっしり浮き出ていました。 アチャーッ
大急ぎで増土し、水をやらずにしばらく放置しましたが
案の定、根ぐされしたのか葉が、ガンガン枯れ上がっちゃいましたねぇ  グスンッ

青枯病を心配しましたが、切ると「白液」が出るとの事。
又 トマトは30度を超えると生育が悪くなるらしいので
一日中日の当る屋上に日よけを作りました。

とっても丈夫で手間要らずといわれる花ばかり 何故か枯らしてしまう私。
トマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って
ホント難しい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ありがとうございました

昨夜、「携帯壊れちゃったから修理に出しといて」 と長男に言われたので
ランチタイム終了後、近くのショップに大急ぎで行きました。
実はこの携帯、新機種を購入する余裕が無い長男の為に買った中古品で
後に相当古い機種だったと判明した代物。
又、使い方に難があり(よく落とすらしい・・・・)よって壊れてしまうのは仕方が無いとはいえ
(えぇ?もぅ?)と驚いちゃいました。

「そんなの買うからだよ」とむっとしてる主人の言葉に、私もむっとしましたが
まぁ一理あるよなぁと思い 我慢我慢。
私たちが使ってる古い携帯を長男に譲り、
いよいよスマホデビュー、しちゃおっかなぁ~とも考えたのですが、
すごーく欲しがってるであろう主人が「要らない」と言うので 却下です。 ふん。

携帯の在庫を確認した上でショップへ。
大雨だし、平日の午後だし~って事で待つことなくすんなり機種変更していただけました。
店員さん曰く、長男は電話を頻繁にかける様なので
料金プランの見直しをしたほうが良いとのアドバイスもあり (ありがとーっ)
感謝 感謝です。

しかーし 何故私がココまで走り回らなきゃならないのかしら・・・・・・。





覚書。

大きいビワの木の仕立て直し方法

まず1年目は残す亜主枝を選びます。そしてすぐ上の亜主枝を切り戻します。
2年目も同様にその上の亜主枝を切り戻し、
残した枝に新しい枝が育つようにしていきます。

そして3年目に入ったら、主幹を切り戻し樹高を好みの高さまで低くします。
このようにすると毎年実をつけながら、木をコンパクトにまとめていけます。

主幹を切り戻した後の注意点
主幹を切り戻した切り口は大きいので、
必ずつぎロウやペースト状の殺菌剤をしっかりと塗ります。

また今までは日が当たらなかった太い幹や枝にも強い直射日光が当たります。
慣れるまでは厚紙で覆ったり、石灰乳を塗って保護しましょう。


子どもが給食で出されたびわの種を持ち帰ってきたので、
物は試しと鉢植えにした植木がいまだ健在。
(かれこれ20年になるかしらねぇ・・・)
去年からようやく実がなるようになり、今年は鈴なり。
小粒ながらも甘くて美味しい果実を存分に堪能させて貰えました。
ただ、今まで一度も剪定をしたことが無く、ぐんぐん成長し始めちゃってるんです。
調べると、10メートル位にまで成長するとか。
ベランダしかない我が家では到底手に負えません。
それにしても、亜主枝って?主幹って?残す?切る? うぅ~ん・・・・・。

肉屋おかみのひとりごと

今まで使っていた「マイキット」が閉鎖されると知り、こちらに引越ししました。
使い勝手が全く分からないので、自分色に染めるまで時間が掛かりそうです。

仕事の話はもちろんですが、大好きな「ガーデニング」に関してガンガン投稿できたら、
それに共感して下さる方と交流が出来たら良いなぁ~。

なにせ家族は全く無関心。話をしようものなら
「そんな暇があったら、仕事をしろ」 と言われちゃうんですもん 。悲しッ
プロフィール

mugi129

Author:mugi129
仕事に、趣味のガーデニングに
そしていまだ終わらぬ子育てに
日々奮闘する肉屋おかみです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。